<   2018年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2018年 12月 15日
土のブッタイ


●本日は午後5時にて、閉店です。
ご来店はお早めに。

●明日は大江戸骨董市に出店です。寒そうですね。
暖かくして、おいで下さいませ。
お店は午後4時からの開店です。



今日もアフリカから。

なにやら不思議な物体。

まずは写真を。

e0111789_10215709.jpg
e0111789_10214719.jpg

オブジェとして、面白いと思いますが、
逆さに置いてました。

立たない長壺ってとこですか。

ジェンネの遺跡から発掘されるテラコッタです。
土偶的なフィギュアのテラコッタが有名ですが、
壺も多く見つかります。
12~16世紀と言われますが、これがいつかははっきりしません。



花器にできるかと、立つように台を作りました。

掛花入れにするのも面白いのですが、
本体に穴を開けるのは忍びず、やっておりません。

e0111789_10242312.jpg
e0111789_10242321.jpg
e0111789_10242372.jpg
e0111789_10242392.jpg
e0111789_10242341.jpg
e0111789_10242395.jpg



高さ(台を含まず)21cm 口径5.3cm ¥28,000






by muntkidy | 2018-12-15 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 14日
テレムの小像



●明日は都合により、午後5時で閉店させていただきます。
早い時間のご来店、お待ちしております。

●日曜日16日は大江戸骨董市です。
お店は午後4時からの開店となります。





いろいろと台が上がってきました。




アフリカの逸品を。

ドゴン族は知名度の高い民族。
ケブランリーの美術館が出来てから、ドゴンの木彫は、
特に値上がりしているかと思いますが、
それより、評価したいのがテレムの木彫。



マリのバンディアガラ絶壁の地域には、ドゴンの人々が移住してくる以前、
テレムという人々がいました。
wikipedia によると、11世紀から16世紀と書かれていて、
今では消えてしまった民族と言われています。
ドゴンが移住してくるのは14世紀で、その後、混じり合って消え去った、とも言われ、
ドゴンの人々にはテレムが先祖だと言う人もいるぐらいです。


そんなテレムの品。

朽ちた様相が素晴らしい、テレムの品。
絶壁の穴倉、洞窟のところから見つかります。

なんの動物なのか。


e0111789_11322189.jpg
e0111789_11322151.jpg
e0111789_11344303.jpg
e0111789_11322144.jpg

e0111789_11322077.jpg
e0111789_12141911.jpg
e0111789_11322091.jpg


静かな時の流れを感じる彫刻。



欧米の人々は、トライバルアートに関しては、時代の古さと言うより、
彫刻としてのダイナミックな造形の強さなどを重要視しますから、
ドゴンの方が評価が高いのですが、
どちらかと言うと、テレムの彫刻は古さの質感を愛でる日本人向きの品だと思います。


でも、ただ朽ちてればいいと言うものでなく、
いつも何か、芯のある骨格というものを感じないといけないといつも思うのですが、
これには、何かを掴まれました。
朽ちた残欠でありながら、不思議な強さも感じます。


佇んだ感じで、静かに飾っていただきたいと思います。




幅19cm 高さ台を含め11.5cm (Sold) ありがとうございました。















by muntkidy | 2018-12-14 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 13日
水牛の角皿とコップ


15日土曜日、都合により、午後5時で閉店させていただきます。
ご来店予定のお客さま、早い時間にお願いいたします。

16日日曜日は大江戸骨董市に出店いたしますので、
お店は午後4時からの開店となります。



水牛の角で作られたもの、
コップやスプーンなどは多いのですが、
皿は珍しい。

ベルギーで見つけました。

直径15cm弱の大きさもある角って、特大ですが、
熱を当てて、平らに作ってるんですね。
綺麗に成型されています。

e0111789_10272135.jpg
e0111789_10272129.jpg
e0111789_10272169.jpg
e0111789_10272048.jpg



コップはイギリスより。

ちょっと口を作ったような感じになってて、そこが面白かったもの。右。

左は端正なバランスの良い典型的なもの。



e0111789_10325922.jpg
右から。
これも口はあえて、作ったんだろうな〜と思います。
片口です。

e0111789_10341236.jpg
e0111789_10341148.jpg
e0111789_10341101.jpg
e0111789_10341137.jpg
e0111789_10341260.jpg

花器にいいですね。

口をうまく生かして挿していただきたいかを。

ただ、そのままでは漏れますので、落としが必要になります。

水牛の品、古いものは、経年変化で継ぎ目の部分から漏れてくるものが多いです。
錆漆で埋めることも可能です。


左。

e0111789_10341268.jpg
e0111789_10341110.jpg
e0111789_10341127.jpg

こちらは底を樹脂みたいなものでつなぎ目を補修してあります。漏れません。




皿 直径14.8cm 持ち手を含めた長さ18.3cm ¥6,000
口付きコップ 高さ13.4cm 口径8.5cm    ¥8,000
シンプルコップ 高さ11.cm 口径7.4cm   ¥6,000






by muntkidy | 2018-12-13 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 12日
チェックのブランケット


急に冬になっちゃいまして、寒い。
でもこれが普通なんですよね。

今度の日曜日は、大江戸骨董市出店ですが、
重装備をしていきたいと思います。
16日、お店は午後4時からの開店となります。





寒くなったから、ウールを紹介しよう。

スコットランドのタータンのブランケットです。

タータンチェックと言えるのはウールで、綾織りの格子でないといけません。
あと、経緯の糸の色と数が同じじゃないといけないというのもあります。


色合わせが、アンタイディー好み。
いかにもタータンじゃないとこが、また気に入ってます。



e0111789_11072189.jpg
e0111789_11072100.jpg
e0111789_11072249.jpg



雨で広げて撮影できなかったのです。
たたんだ写真のみ。



たたみ方が悪く、端にシワがよってます。ご勘弁。

e0111789_11072238.jpg


ソファーに掛けたり、膝掛けしたり、
温まって下さいませ。



サイズはフサを含まず、長さ約170cm x 幅約160cm

(sold) ありがとうございました。










by muntkidy | 2018-12-12 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 11日
本日は火曜日


定休日となっております。

冷え込みましたね。こんな感じ。

somewhereKanto




e0111789_10392849.jpg



by muntkidy | 2018-12-11 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 10日
A & B 終了


本日は月曜日、定休日となっております。


無事、antique & brocante Mejiro 終了いたしました。

ご来店の皆さま、ありがとうございました。

また来年の会に向け、品を探したいと思います。

こんな品があったらなー、という写真をどうぞ。


ヨーロッパの刺繍布。
これはヘルシンキの博物館にあったもの。

e0111789_08561413.jpg


アメリカ、ニューメキシコ州のレタブロ。
これは本の表紙から。
e0111789_08561679.jpg


このレベルの品は、
見つけるのも、買うのもとても難しいけど、
ピンを頭に念じておかないとなーと、いうことで。






by muntkidy | 2018-12-10 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 09日
アンティーク & ブロカント 目白


2日目です。


壁のところ。


e0111789_11333340.jpg



by muntkidy | 2018-12-09 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 08日
A&B 目白 初日
更新遅れました。

こんな感じで、始まりました。

e0111789_12591371.jpg

e0111789_12591410.jpg



by muntkidy | 2018-12-08 12:58 | Comments(0)
2018年 12月 07日
いよいよ明日
antique & brocante Mejiro の初日です。

多くのお客さまのご来場お待ちしております。
初日は12時から。

日曜は10時からです。


本日は、準備とお品納入のため、午後5時で閉店させていただきます。





本日はその展示会用に台作りを早めてもらったもの。
ギリギリ上がってきました。


とは言え、トライバルものを探しに、明日来られる人はいないと思われるので、
ここでも注文可能です。



e0111789_10301347.jpg


ドゴン、儀礼用ミニはしごを。

最近出来のものが増えてる中、
これはちゃんと古さがあると思います。

パティナも、形も秀逸です。
しだれ具合がポイントです。

e0111789_10301389.jpg
e0111789_10301315.jpg
e0111789_10301201.jpg
e0111789_10301352.jpg




ブーメランというと、あ〜あ、ブーメランねって感じで、
土産物のブーメランを思い浮かぶ人が多いと思いますが、
オリジナルのブーメランは、やはりトライバルアートとして飾られるもの多いのです。

初めて見つけました。

ラインが綺麗で、薄さの中に微妙な丸みがあって、エッジが効いています。
木の彫刻作品ですな。


ちなみにこちら参照。あまり綺麗なフォルムでなくても、
こんな値段が付いてます。


e0111789_10301244.jpg
e0111789_11064881.jpg


はしご   高さ32cm (Sold)
ブーメラン 高さ48.5cm (Sold) ありがとうごじいました。











by muntkidy | 2018-12-07 12:00 | Comments(0)
2018年 12月 06日
白の直方体


8日、9日はantique & brocante Mejiro に出店いたしますので、
お店はお休みとなります。
明日7日は準備のために、午後5時で閉店させていただきます。

皆さまのご来場お待ちしております。



四角いもの好きの白の箱。

iron stone ware の器で、四角いのはあまりないでしょう。


e0111789_10372993.jpg
e0111789_10372999.jpg
e0111789_10372991.jpg
e0111789_10373457.jpg
e0111789_10381244.jpg


両脇に傷があります。擦った跡ですね。

e0111789_10385259.jpg



実はここで、種明かし。

これには蓋があるのです。
私としては、この白の胴体だけで使いたいと思うほうなのですが、
元々は蓋つきで使われていたもの。
オリジナルの状態はこれ。

e0111789_10404093.jpg


ちゃんと下げて、持ち運べるように作られている。
多分、医療用などのものだと推測しますが。

e0111789_10405220.jpg
e0111789_10404878.jpg

この部分で擦れていたのですね。
e0111789_10404480.jpg


フランスのもの。
longwy このマークは1880~1939 のもの。

あと、蓋にも、A T PARIS との刻印があります。

e0111789_10432742.jpg


胴体にはにゅうが1本。

e0111789_10433039.jpg



蓋なしで、使うのもけっこう。
蓋も使ってもけっこう。

使い方は買った人の思いのままです。



胴体部分 20.3cm x 13.0cm 高さ10.0cm ¥12,000







by muntkidy | 2018-12-06 12:00 | Comments(0)