<   2019年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2019年 03月 31日
質感の違い


明日には新しい元号が発表されるんだな〜
なんになるんだろう。
安なんて、つかないように願っていますっ!



本日はこちら。

フランス、ノルマンディー地方の18世紀のスプーン。
もうだいぶ以前から紹介されてますので、
お持ちの方も多いと思いますが、
今回、同じ真鍮素材でも、質感違いでの面白さがあったので、
3本買ってきた。
フォルムも雰囲気のあるものを選んできたと思ってます。



真ん中の磨いてないまま、緑青のついた1本はSold になってしまってますが、
違いを比べるために。



e0111789_13144384.jpg

経年変化で黒びているものと、
作られた当初の輝きまで磨いたものと。
この2本がまだあります。
e0111789_13144214.jpg



やはりポイントは先のマークでしょう。

e0111789_13144230.jpg


右、ピカピカのもの。
e0111789_13144284.jpg
e0111789_13144100.jpg
ここのガタガタも魅力だ。
e0111789_13144243.jpg



左、黒ずんだもの。

e0111789_13144258.jpg
e0111789_13144170.jpg


e0111789_13144211.jpg
ハートマークが可愛い。
黒いままでも、茶葉すくいには使えますね。



右 長さ19.0cm ¥18,000
左 長さ16.6cm ¥18,000
 








by muntkidy | 2019-03-31 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 30日
大理石のお皿

いよいよ目白コレクション、あと1週間となりました。
6、7日はお店お休みとなります。
どうぞ、お楽しみに。




本日はこちら。


ずっしり重い大理石のお皿。

インドのものです。

これはこれは、使い込んだ時間の経過が肌に現れています。


最近彫り込んだものも多いのですが、
味わいが違いますね。




e0111789_16011233.jpg
e0111789_16011329.jpg
e0111789_16081782.jpg
e0111789_16081701.jpg


肌の感じ。

e0111789_16081704.jpg
e0111789_16081732.jpg
e0111789_16081704.jpg

e0111789_16011297.jpg



直径27.5cm 高さ7.2cm ¥28,000









by muntkidy | 2019-03-30 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 29日
トアレグの鍵


ショーケンが死んじゃった!



本日はこちら。

久しぶりにサハラの民、トアレグの人々の鍵、lock を見つけた。

鉄に、真鍮、銅の素材を組み合わせ、
文様が特徴的な鍵です。

今回は鉄と真鍮のみ。

e0111789_10580670.jpg
e0111789_10580656.jpg

真鍮のところの文様アップ。
e0111789_11094790.jpg
e0111789_10584283.jpg


どうやって開けるかと、いうと。
鍵を差し込み。

e0111789_10584213.jpg


左へスライドすると、こんな具合。
e0111789_10584166.jpg

e0111789_10584299.jpg


下の部分にも真鍮使い。
e0111789_10584248.jpg


鉄もいい味わいです。
e0111789_10584282.jpg
e0111789_10584209.jpg


鍵はこんな。
e0111789_11031155.jpg
e0111789_11031045.jpg

鎖/チェーンの部分だけ、アラブ世界から買ったものでしょう。



この鍵だって、装飾的にチャームとして下げていたに違いない。

鎖の部分を長いのに変えれば、ネックレスとしても
男の人にはイケそうです。ちょと重いけど。



錠部分 6.9cm x 6.0cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2019-03-29 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 28日
ミニチュア盃いろいろ


●4月6日(土)、7日(日) は目白コレクションに出店です。
お店はお休み。

メジコレ用に取っている品もあるので、
どうぞ、お楽しみに。
来週にはちょっと紹介します。





本日はこちら。

こういった小さいものをきめ細かく探しています。
そういうところは少ないからね。

いろいろ見て、そんな中から、眼にかなうものを集めるのが
楽しみなんですもん。



どれも¥3,000 という安さ。
いかがでしょう。


ドールハウス用もあれば、本来の用途で小さいものもあります。
どれも19世紀はあるお品(ガラス以外)


e0111789_11164612.jpg


珍しいのはやっぱり緑釉でしょう。これらから。

ベルギーで見つけてますが、
どこのかはっきりしません。


右は、北アフリカモロッコあたりの焼き物だと思っています。


左の足つきは、実はヨーロッパのより古い品じゃないかと思ってますが。
ちともったいないのでは、と思うとこあり、なのだが、
はっきりしないので。。


どちらもいい緑の色してます。

e0111789_11343371.jpg
e0111789_11345856.jpg

e0111789_11181451.jpg
e0111789_11343461.jpg
e0111789_11343338.jpg
e0111789_11343336.jpg
e0111789_11181427.jpg



筒のストーンウェア系。
クリーム(軟膏)入れのミニ判です。

左のグレートーンはよくあると思うけど、
右の黄っぽいのは初めてです。

ベルギー産ということだった。

e0111789_11224515.jpg



残念だけど、右にはにゅうが2本あります。
e0111789_11224433.jpg
e0111789_11224468.jpg


白釉ファイアンスのミニカップ。
これも珍しです。

ねっとりフランスの白釉です。

e0111789_11245057.jpg
e0111789_11245032.jpg
e0111789_11252391.jpg
e0111789_11245004.jpg


最後はガラス。
ジャム用の型ガラス。
このサイズもあまりないでしょ。

e0111789_11262789.jpg
e0111789_11262755.jpg
e0111789_11265074.jpg
e0111789_11262733.jpg



使い方はこれまたいろいろ。
それを考えるのも、楽しいことです。




どれも¥3,000 です。


緑釉2つ、白釉カップの右、ガラスカップは売約になりました。


by muntkidy | 2019-03-28 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 27日
美しいフォルム


●4月6日(土)、7日(日) は目白コレクションに出店です。
お店はお休み。

皆さま、どうぞ、見にいらして下さいませ。






本日はこちら。

フランスの砥石入れ。

花入れにと、知る人も多いと思うが、
これ自体で、とても魅力のあるフォルムなので、
花の力を借りずにとも、そのまま飾ってもいいモノだと思う。



多分、作り手は木靴を模したのだと思うが、とても秀逸なカタチに仕上がっている。


まずは立ててみての撮影。


e0111789_10293371.jpg
e0111789_10293362.jpg


壁面に掛けても、もちろん綺麗。

e0111789_10293484.jpg


平面に置いて。

e0111789_10303823.jpg


裏の腰に掛ける部分。
e0111789_10303876.jpg

e0111789_10311985.jpg


立てて、回してみる。
e0111789_10321160.jpg
e0111789_10321136.jpg


尖った部分。

e0111789_10322115.jpg

上部。
e0111789_10322074.jpg


久々に感動した砥石入れでした。

いいフォルムのものは貴重なのです。




高さ30.8cm 幅10.3cm (sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2019-03-27 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 26日
本日は火曜日
定休日となっております。


昨日より肌寒い今日。
ベランダ脇の桜、三分咲きです。

一輪めは19日だったので、咲きはちょっとスローペース。
長く楽しめるかな。



e0111789_09145107.jpg






by muntkidy | 2019-03-26 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 25日
カンタ


お知らせです。

4月6日(土)7日(日)はメジロコレクションに出店いたします。
お店はお休みとなります。

例年より、期日が早まりました。
去年の春は仕入れ不在で、出店しなかったので、今年は出ることに。


多くのお客さまのご来場お待ちしております。


本日の品、多分、メジロに持っていくことになると思います。

インドのカンタ。総天然染料の古手タイプ。

e0111789_13582757.jpg
e0111789_13582782.jpg
e0111789_13582766.jpg
e0111789_13582828.jpg
e0111789_14162390.jpg
e0111789_13582731.jpg
e0111789_14162378.jpg




薄くなってるところも多く、
3点直しがあります。
大事に使われてきた、古びた布の味わいです。

e0111789_14162329.jpg





よれてる感じありで、上下で、幅が違っています。

幅108cm~112cm 長さ148cm お値段お問い合わせください。






by muntkidy | 2019-03-25 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 24日
ルバの貨幣


コンゴ民主共和国、ルバの人々の貨幣。
こんな小さいタイプもあるんですね。


染色体のようで面白いです。

19世紀はあるかな。

e0111789_10330780.jpg

e0111789_10331432.jpg



より小さいほうから。



e0111789_10334200.jpg
e0111789_10334295.jpg



大きいほうの3個。
e0111789_10334185.jpg
e0111789_10334243.jpg


小 およそ2.8cm x 2.5cm   (Sold) ありがとうございました。
大 およそ4cm x 3cm    残は左。 ¥9,000 







by muntkidy | 2019-03-24 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 23日
シックな柄


好みの柄のボウルを見つけた。

ヨーロッパもので、気にいる柄、なかなか見つからないのです。

フランス18世紀のファイアンス。

落ち着いた色調、
フランスものにありがちな甘さが抑えられ、
シックであります。

こげ茶と黄色
ブルーと緑、この取り合わせが効いています。



南部ではなく、北部の窯だと思う。
白の釉調も落ち着いている。



e0111789_10200683.jpg
e0111789_10200653.jpg
e0111789_10200691.jpg
e0111789_10200698.jpg
e0111789_10200616.jpg



直径25.5cm 高さ8.5cm ¥28,000







by muntkidy | 2019-03-23 12:00 | Comments(0)
2019年 03月 22日
はつる道具


以前からフランスに行くとちょくちょく見かける道具だったのだが、
今回小さめサイズをいくつも見つけた。


こう飾ると、一気にアートチックに変身することに気がついた。

まずは写真を。

並びが肝心です。

e0111789_11175324.jpg


普通はこう飾ってあるはず。

A.L のイニシャル入りで、同じ人から出たもの。

石などを滑らかにするもの。はつる道具。削る道具ですね。

e0111789_11231737.jpg
e0111789_11231790.jpg

どれも木味よろしく。

1個ずつ見てみる。


e0111789_11195348.jpg
e0111789_11195330.jpg
e0111789_11261890.jpg


細いタイプ。

e0111789_11264368.jpg
e0111789_11264325.jpg
e0111789_11264670.jpg

歯がギザギザタイプ。
e0111789_11280764.jpg
e0111789_11280691.jpg
e0111789_11281593.jpg


その次。
e0111789_11295969.jpg
e0111789_11295905.jpg
e0111789_11295981.jpg



その隣はもつところは細い。
e0111789_11320809.jpg
e0111789_11320995.jpg
e0111789_11325893.jpg



右端に置いたもの。
これだけALがない。
e0111789_11333149.jpg
e0111789_11333136.jpg
e0111789_11320940.jpg




これはバラバラにするのが、惜しい。
6個セットで、一つの作品として、飾ってほしいものだ。

白壁に置いたところ。

e0111789_11350161.jpg


こうやって置いた時に。
幅22.5cm 高さ13cm (Sold)ありがとうございました。






by muntkidy | 2019-03-22 12:00 | Comments(0)