2019年 10月 18日
朽ちた立像

突然ですみません。本日は午後1時からの開店となります。


あさって20日日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。


翌週末26、27日は目白コレクションに出店いたします。





これもここで売れなかったら、メジコレに持っていく予定ですが、
先に販売もいたします。



木の枯れた彫像。

こういった立像は、ただ、朽ち、枯れ果てているだけでは選べない

何か、元の造形に、芯のある骨格というものを感じないと
迫ってくるものがないと思うのだ。

これは骨盤のところが面白い。
お尻、股関節のところが、うまく残っていて、絶妙である。



インドネシアから来てるらしいが、
はっきりとは、不詳なところも逆にいい。
プロテクションのためのガーディアン像だろうから、
多分不気味さもあった彫像だったと思う。
それが時間の経過により、トライバル系の伝統的表現や、
厄災撃退ための強さ、怖さがなくなり、
無機質な彫刻となっている。


見事にも彫り深く擦り減っている。

股関節がすぐにでも折れそうに見えるが、そこまでもろくはありません。

e0111789_14471007.jpg
e0111789_14471006.jpg
e0111789_14471032.jpg
e0111789_14471051.jpg
e0111789_14470909.jpg



ここのお尻がもうなんとも言えない。
e0111789_14470964.jpg

モダンな空間にあると、目を見張るだろう。







台座サイズ10.5cm x 11cm 高さ42cm ¥60,000 + tax







# by muntkidy | 2019-10-18 12:00 | Comments(0)
2019年 10月 17日
焦げ茶釉の平壺


突然にすみません。明日は午後1時からの開店となります。

20日日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時から。

26、27日は目白コレクションに出店いたします。
お店はお休みとなります。





焼き物と行ってみましょう。

東南アジアの古陶も手に入れづらくなりました。
クメールの平たい壺を2点。


動物が象られたのはもうほとんど見かけません。
以前はもっとあったのに、という思い。
リバーシティーという高級骨董店が集まるところにはありますが、
そこで買っても売れる値段にはならないので、なかなか難しい。



シンプルな平壺、重心の低い落ち着きがあり、
ちゃらちゃらしてない、真面目さを感じます。


e0111789_10582115.jpg
e0111789_10582924.jpg



右の大きいほうから。

e0111789_11025588.jpg
e0111789_11025534.jpg
e0111789_11025446.jpg
e0111789_11025405.jpg
e0111789_11025584.jpg


釉ハゲが残念ですが、それも景色となっているかと思います。

やはり古格があるというか、風格漂うクメール陶器です。

e0111789_11044810.jpg



小さいほうは、釉の状態よし。
しっとりとしてますね。
e0111789_11044905.jpg
e0111789_11044929.jpg

e0111789_11044986.jpg
e0111789_11044940.jpg
e0111789_11044817.jpg



このままでもいいのですが、
うまく花が活けられた姿も見てみたいな〜とも思う。
変身しそうな感じなのです。


クメール期 12~13世紀



大 直径 約17cm 高さ約10cm ¥28,000 + tax
小 直径 約9cm 高さ 約6cm  ¥ 18,000 + tax








# by muntkidy | 2019-10-17 12:00 | Comments(0)
2019年 10月 16日
優雅なフォルム


20日日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。

26,27日は目白コレクションに出店いたします。



美し〜いフォルムの小品を2品。

e0111789_10051020.jpg


左のチークの筒箱は見つけて、とても嬉しかった品。

普通のまっすぐラインの筒型でよかったはずなんだけど、
職人の手による仕事で、こんな美しいフォルムのものが生まれています。

e0111789_10065223.jpg
e0111789_10065126.jpg

2本、蓋にヒビがありますが。
e0111789_10065231.jpg
e0111789_10065292.jpg
e0111789_10065265.jpg


どこを取っても優雅なライン。いやったらしさなんか微塵もありません。

e0111789_10231872.jpg
e0111789_10231861.jpg


肌もいいです。
e0111789_10065162.jpg




右はライムボックス。石灰を入れていたブロンズの容器です。
タイ一帯でけっこう見つかるものですが、久しぶりに買ってみました。

e0111789_10051038.jpg
e0111789_10324204.jpg



蓋の段差のデザインはストゥーパを表しています。

e0111789_10051142.jpg
e0111789_10324239.jpg


20世紀の真鍮製も見つかりますが、
これは発掘物で、スコタイ〜アユタヤ朝の時代のものかと。




木製筒箱 高さ15.4cm 胴径6cm (Sold) ありがとうございました。
ブロンズ 高さ11cm 胴径3.5cm ¥12,000 + tax






# by muntkidy | 2019-10-16 12:00 | Comments(1)
2019年 10月 15日
店内写真15/10/19


本日は火曜日、定休日となっております。


今度の日曜日は、大江戸骨董市出店です。
お店は午後4時からの開店となります。


26日、27日も目白コレクションに出店しますので、
お休みとなります。


どうぞ、お楽しみに。


本日は店内写真をどうぞ。


↓これは数日前のディスプレイ。
壁面にある四角い板と、右端のモダンなほそながいフォルムの道具、その隣の丸い黒いもの
売約済となっております。

e0111789_12244360.jpg
e0111789_12244398.jpg








# by muntkidy | 2019-10-15 12:00 | Comments(0)
2019年 10月 14日
エレファントもの?


本日は月曜日ですが、祝日ですので、
営業しています。

何の日だっけと思ったら、体育の日だった。
いつまで経っても、体育の日は10日だろって思う年頃の人。
で、もって、来年からはスポーツの日だって。ありゃま!
ま、そのほうが10月第2月曜は新しい祝日だっつ〜のが、覚えやすいかの!


ということで、本日はこちら。

象関連で、2品。

ちびっこいのと、デカイもの。


e0111789_10221278.jpg


大きい、丸いものは鉄の鈴です。エレファントベルだと。
タイのチェンマイにて、見つけました。

日本のだよな、と、てっきり思ったのだけど、タイとの説明だったが、
どうかしらん。

緑のペイントがちょっと付いてるところが、いかにもタイらしいのだけど、
日本からたまたまやってきたものが、タイで使われていたとも考えられる。
どうでしょうか。

特大さで、象に使われていたんですな。


日本の古鈴が海を渡り、タイでエレファントベルとして使われていたのが、またまた日本に戻ってきたという説を取りますが、どうやろか。

東南アジアものの鈴はブロンズ製が多いよな〜という思いもあり、
こんな鉄製は見たことがない。

e0111789_10275573.jpg

丸いカーテン用の輪っかがありましたので、うまく置けます。

e0111789_10221252.jpg



e0111789_10221155.jpg
e0111789_10251103.jpg
e0111789_10251237.jpg
e0111789_10251254.jpg
e0111789_10275475.jpg

もちろん、壁掛けでもオッケー。

鳴らせます。


e0111789_10251259.jpg



小さいほうは、象のオピウムウェイト。
親子象です。
こちらはミャンマーから。

e0111789_10244840.jpg
e0111789_10244807.jpg
e0111789_10244895.jpg
e0111789_10244879.jpg
e0111789_10221270.jpg
e0111789_10221206.jpg

小粒ながらキリリと、存在感のある造形です。
63gあります。




古鈴(輪っか付) 直径 約12cm 高さ 約16cm (Sold) ありがとうございました。
オピウムウェイト 高さ3.2cm 幅2.5cm ¥12,000 + tax






# by muntkidy | 2019-10-14 12:00 | Comments(0)