2019年 01月 13日
渋い片口


●明日は成人の日で、祝日。月曜ですが、営業いたします。





足で探さないと、なかなかモノに出会えない!ということで、
本日は代々木の大江戸骨董市に遅めながらも行ってきました。


あら、ちょこちょこと出会えましたよ。




ということで、さっそく、コチラ。片口です。

私には見たことない焼きのタイプで、
どこのかな〜と尋ねると、
越前だということ。

石川から来られている業者さんでした。


大きさ、フォルムよろしく、仕入れてみました。
立ち上がりのフォルムがかっこいいのです。



e0111789_11422741.jpg
e0111789_11422798.jpg
e0111789_11422770.jpg
e0111789_11422716.jpg



時代はというと、江戸はあるよという説明。
よくわかりませんが、
江戸後期ぐらいから、片口などの日常雑器を焼き始めたと、本にあり。
その頃のものですか、ね。

e0111789_11423667.jpg
e0111789_11441152.jpg
e0111789_11423628.jpg
e0111789_11423655.jpg

土の感じが渋かっこいいです。越前ってこんな土なのか、と、勉強です。


関東ではあまり見ない焼き物かな〜
普段使いの器として、とてもいいと思う。






直径21.3cm 高さ9.5cm  ¥12,000







# by muntkidy | 2019-01-13 12:00 | Comments(0)
2019年 01月 12日
見立て盃


うぇーん、昨日、ぜんぜん買えなかったのね。
く〜!
もっと動き回ろうと思います。



明後日、月曜日は祝日ですので、開店いたします。




本日はこちら。

東海地方の焼き物だと思うが、はっきりしません。
信楽あたり?
無難にやっぱり瀬戸ですかね。

珍しい気がする。

手取りが意外に重く、持つと、なんだか重厚な雰囲気がしてきます。

e0111789_10394254.jpg
e0111789_10394205.jpg
e0111789_10394117.jpg
e0111789_10394149.jpg


芯切り用なので、見込み部分、釉がかかってないところありますが、
概ね、綺麗です。
e0111789_10394210.jpg


ちょっと分厚めですが、ぐい呑みにぴったりな姿。

e0111789_10411129.jpg



厚ぼったい釉垂れ部分もちょっとした景色。
e0111789_10411152.jpg

e0111789_10394130.jpg



変わり種盃で楽しむのも、乙なもんです。



口径5.5cm 高さ7.0cm (sold) ありがとうございました。







# by muntkidy | 2019-01-12 12:00 | Comments(0)
2019年 01月 11日
カタンガクロス


本日は骨董ジャンボリーに買い付けです。

午後3時からの開店となり、午後6時で閉店させていただきます。

楽しいものが買えますように。



アフリカの貨幣、カタンガクロス。
ばってん印が象徴的で、いいパティーナを持ってるものなら、
買うようにしています。

紹介してませんでしたが、いい味わいなので、
久しぶりにここで。





e0111789_16213194.jpg
e0111789_16211198.jpg
e0111789_16211285.jpg
e0111789_16211210.jpg

素材は銅。
ずっしり重いです。




16cm 四方 (Sold) ありがとうございました。







# by muntkidy | 2019-01-11 12:00 | Comments(0)
2019年 01月 10日
ピッチャー2種


明日は朝から骨董ジャンボリーに出かけてきますので、
営業時間は15:00〜18:00 となります。


14日月曜日は祝日ですので、営業いたします。





寒いんですが、ガラスの紹介。

とてもグッドデザインのピッチャーを先日見つけたのです。

北欧かどこかのデザイナー入ったものかと、思いきや、
日本のものだと言う。
緑の色の感じも、こんなの北欧ものにありそうと、思うのですが、
どうでしょう。
よくわかりませんが、
綺麗なフォルムなことに変わりはない。


オランダで見つけたクリアガラスのピッチャーと並べて。


e0111789_10240356.jpg



右。考えられたとてもうまいデザインだと思う。
自然だし。
e0111789_10255722.jpg

e0111789_10255735.jpg
e0111789_10255789.jpg
e0111789_10255773.jpg
e0111789_10255758.jpg


左のほうも可愛らしく、バランスの取れたデザイン。

e0111789_10404000.jpg
e0111789_10404054.jpg

縁の部分に、製作時のあたりがある。
e0111789_10404162.jpg

ちょっと底に平坦でないとこがあって、
安定が悪いです。
写真ではわからないが。
e0111789_10404144.jpg
これもどこのかははっきりしないのです。
ヨーロッパ産は間違いないでしょうが。

似たようなデザインをフィンランドのフンピラというとこで見つけたけど、
ちと違う。humppila のピッチャー2種 ↓
e0111789_11103365.jpg



どちらも出どころはっきりしませんが、
グッドデザインのヴィンテージのピッチャーですね。

知識、ブランドにとらわれず、直観でいきませう。笑




緑    高さ18.0cm  ¥8,000
クリア  高さ16.2cm  (Sold) ありがとうございました。











# by muntkidy | 2019-01-10 12:00 | Comments(0)
2019年 01月 09日
バウレの立像


明後日11日金曜日は骨董ジャンボリーに行ってきます。
営業時間が15:00〜18:00 と変更になります。




ちょうど明後日から、民藝館で、柳宗悦の「直観」の展示会が始まります。

ポスターは縄文の土偶がメインのイメージとなっています。

直ちに観る。知識ではなく、ものそのものを直かに見届けること。
と唱えた宗悦、楽しみな展示会です。



今日、紹介の品は、その直観で、見てほしいもの。
初源を感じる立像なのです。


e0111789_10583612.jpg
e0111789_10583677.jpg
e0111789_10583635.jpg
e0111789_10591713.jpg
e0111789_10591798.jpg
e0111789_10583661.jpg

アップめ。
e0111789_10583641.jpg
e0111789_10583634.jpg


裏は割れの部分の補修で、詰めてあります。
e0111789_10591733.jpg



傍にいてくれる小像です。

アフリカものは何かと力強すぎるものが多いのだけど、
これぐらいに静かで佇んでいるものも探せば出てくる。
すれ朽ちた肌の質感も、日本人向けないい彫像だと思います。



高さ17cm 幅4.5cm (Sold) ありがとうございました。







# by muntkidy | 2019-01-09 12:00 | Comments(0)