2018年 09月 09日
鉛の重り


本日はこちら。





重りです。

鉛製で、ずっしり重い。

3個セット。


e0111789_11110998.jpg
e0111789_11110941.jpg
e0111789_11110987.jpg
e0111789_11110981.jpg
e0111789_11110942.jpg


一番大きいのが 高さ5.5cm 幅3cm 3個セット (Sold) ありがとうございました。







# by muntkidy | 2018-09-09 12:00 | Comments(0)
2018年 09月 08日
東北の焦茶釉


今日は日本のもの。



はっきりした窯はわかりませんが、
東北の民窯。

焦茶の釉色が魅力のいい焼き物だと思います。


e0111789_15460941.jpg
e0111789_15460986.jpg
e0111789_15460822.jpg
e0111789_15460875.jpg




ここのとこがいいですよね。
e0111789_15460854.jpg
e0111789_15460916.jpg




口部分には直しがあります。
あまり目立たない。
e0111789_15460824.jpg
e0111789_15460863.jpg


首まで入れて、3合強入る。

花器にいかがでしょうか。



高さ21.5cm 底径7.8cm ¥12,000







# by muntkidy | 2018-09-08 12:00 | Comments(0)
2018年 09月 07日
イギリスのサンプラー


古めのサンプラーを見つけていたのだが、
額にやっと納めたので、紹介できる。


イギリスの1830年代の作。




サンプラーと言っても、知らない人も多いかもしれない。

sampler は英語だが、元はラテン語の "exemplum " (お手本)に由来するらしい。
(オランダではmerklap と言う。)

ヨーロッパ(アメリカも)の女性たちによる刺繍技術の実習と披露のために作られた作品である。
wikipedia より。

古いものは15,6世紀のものが現存しているほどの歴史あるもの。
欧米では評価の高いアイテムで、あまり買えないことが多いのです。


e0111789_11045794.jpg

e0111789_11045609.jpg



アクリル板を取って。

色も退色して、糸も擦り切れている。
上の文様のした部分、無地に見えるかもしれないが、
ここにもアルファベットが刺繍されています。


e0111789_11045723.jpg
e0111789_11045778.jpg
e0111789_11313496.jpg

e0111789_11313473.jpg


よく読めないのだけど、制作年を表す 183 ○ の数字。9かな?

サンプラーには多くに制作年が刺繍されています。
e0111789_11045792.jpg




思うに退色していない赤の刺繍部分は、化学染料の糸にて、
後年に施された刺繍のように思います。
糸のすり減りが少ないし、唐突に入っている気がするのです。憶測ですが。


そう思うとまた、面白い作品だと思えます。

e0111789_11313452.jpg

e0111789_11473304.jpg

フレームは古そうにペイントした自作です。
来店してお確かめ下さいませ。




額サイズ 44cm x 36.5cm (Sold) ありがとうございました。











# by muntkidy | 2018-09-07 12:00 | Comments(0)
2018年 09月 06日
見立て水指



また地震。今度は北海道。
北海道全域停電って。夜でなくてよかった。
関西の台風被害もそうですが、早急な復旧を願います。





本日は、見立ての水指を2点。

どちらもスウェーデンの焼き物です。
ホガナスという窯。

右は共蓋で、おおっと思われるが。。

e0111789_10330388.jpg
じゃん。

取っ手ありのピッチャーなのですね。

でも、水指に取っ手があっても、おかしいことはない!という
アソビココロのある方へ。

e0111789_10330320.jpg
e0111789_10330378.jpg


左から。

蓋は、ハンズで木を切ってもらって、
私が作った " ナンチャッテ蓋 " です。
このまま使えますが、
本格的なのをご要望の方は、それなりのところにご注文ください。


e0111789_10385063.jpg
e0111789_10385017.jpg
e0111789_10384908.jpg
e0111789_10385091.jpg

蓋裏は木を重ねて、ちゃんとハマるように作っています。

e0111789_10385029.jpg
e0111789_10385008.jpg
e0111789_10385030.jpg

右。

ピッチャーのほうは、もともとビアピッチャーらしい。
こんな大きいのに入れてたのも不思議です。
アッパークラス使いのものなので、
上手の雰囲気があります。

蓋が同じ手というところはかなりの魅力なのですね。

e0111789_10424032.jpg
e0111789_10513255.jpg
e0111789_10424074.jpg



取っ手は奥に位置したら問題はないような。

e0111789_10424106.jpg
e0111789_10452421.jpg



蓋の取っ手に古い欠け。胴体にもにゅうが数本ありますが、
漏れません。
e0111789_10513240.jpg




胴体の取っ手は錆漆での直しあり。

e0111789_10424118.jpg
e0111789_10424003.jpg

もちろん、水指でなく、
花器としても重宝すると思います。




左 直径11.9cm 蓋なしでの高さ13.8cm ¥12,000
右 直径12.2cm 蓋なしでの高さ15.3cm ¥15,000









# by muntkidy | 2018-09-06 12:00 | Comments(0)
2018年 09月 05日
黒釉の鉢


東京でも夜中、相当にひどい風でした。
直撃や通り道に近い地域の方々は、大変だったことと思います。
関空の閉鎖状態も深刻ですよね。
今年は酷暑で台風多いし、本当に気象異常の年だな。

ちこちゃんのぼうっと生きてんじゃねぇよ、じゃないですが、
何事にも対応や対処を考えて、行動しないとな〜と思いつつ、
ぼうっとしてるお休みでした。



東京は本日、午後晴れて、34°が最高気温の予想ですが、
そろそろ秋仕様の品を紹介しよう。


スウェーデンに行ったら、探している黒釉の器。
焦茶の釉色なのですが、品に寄っては漆黒に近い色に上がっているのもあって、
これがなかなかいいのですよ。


今回は鉢と、ピッチャーを見つけています。

今日は小ぶりの鉢を。



直径が18.5cmと大きすぎない点も希少なとこ。


e0111789_10525265.jpg
e0111789_10525167.jpg
e0111789_10525227.jpg


e0111789_10525186.jpg
e0111789_10525103.jpg
e0111789_10570777.jpg
e0111789_10570629.jpg

e0111789_10570666.jpg


料理がとても映えると思う。

重くないとこもいいとこかな。


最近は器があまり動きませんが、
アンタイディー1押しの器。
大事に持っておきたいと思っています。




直径18.5cm 高さ7.5cm ¥28,000





# by muntkidy | 2018-09-05 12:00 | Comments(0)