2019年 12月 22日
人形のオブジェ


もう今年の営業も残すところ5日となってしまいました。
28日の午後5時半まで。
それから、年末年始のお休みになりまして、
2020年は8日(水)からの開店となります。

ただ5日日曜日は、大江戸骨董市には出店いたしますので、
どうぞ、有楽町の国際フォーラムにおいで下さいませ。

ブログは毎日続きますので、どうぞお立ち寄り下さい。




本日はこちら。


これ、服を着ていたら、買わないんだよな〜。
この布ボディーの具合に惹かれたものですわ。


19世紀のドイツのもの。けっこう大きめ。

顔とボディーのミスマッチがとても面白いと思う。
オブジェチックに飾りたい。

人形のオブジェ_e0111789_17160029.jpg
人形のオブジェ_e0111789_17111548.jpg

人形のオブジェ_e0111789_17160007.jpg
人形のオブジェ_e0111789_17211039.jpg



顔が塗り直されています。
オリジナルは、首、胸元のところ。
人形のオブジェ_e0111789_17211042.jpg

人形のオブジェ_e0111789_17155969.jpg
人形のオブジェ_e0111789_17111550.jpg
人形のオブジェ_e0111789_17111694.jpg


手の部分は焼物。
人形のオブジェ_e0111789_17155988.jpg
人形のオブジェ_e0111789_17155994.jpg

足は皮製のブーツを履いています。
人形のオブジェ_e0111789_17111591.jpg


高さ約55cm ¥28,000 + tax








# by muntkidy | 2019-12-22 12:00 | Comments(0)
2019年 12月 21日
ベルギーの子供の絵


本日は都合により、臨時休業となっております。




ここでは通常通りにお品紹介です。


ベルギーで子供の絵を見つけた。

2枚、ペラで。
額に入れようかとも思ったが、そのままにしてます。

ベルギーの子供の絵_e0111789_09530679.jpg


もう1枚。
同じ子の絵です。

ベルギーの子供の絵_e0111789_09530551.jpg



サインありまして。
Auue と書かれてるのかな?そんな名前あるかな〜
Anne かな〜

ベルギーの子供の絵_e0111789_09530511.jpg


どちらも36cm x 27cm どちらも¥2,000 +tax





# by muntkidy | 2019-12-21 12:00 | Comments(0)
2019年 12月 20日
デルフト色絵小皿


明日は臨時休業となります。
お気をつけ下さいませ。



昨日に続いて、デルフトです。
でも色絵です。

私にはぐっとくる鈍い色合と柄。


金直しをしてもらいました。


デルフト色絵小皿_e0111789_13193500.jpg



金が艶やかさを増しています。
デルフト色絵小皿_e0111789_13193552.jpg
デルフト色絵小皿_e0111789_09530688.jpg
デルフト色絵小皿_e0111789_13193531.jpg
デルフト色絵小皿_e0111789_13193535.jpg
デルフト色絵小皿_e0111789_13193486.jpg


こんな白いお菓子を乗せたらいいのでは。



直径11.8cm 高さ2.3cm ¥28,000 + tax







# by muntkidy | 2019-12-20 12:00 | Comments(0)
2019年 12月 19日
デルフト小鉢とミニチュア


21日土曜日は、臨時休業です。

デルフトを2品。
割れのないデルフトの小鉢とタイニー可愛いミニチュアです。

まずは写真。

デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_11100122.jpg


右の小鉢、やはり白が美しい。
サイズ大きい器ものになると、
共直しや、金継ぎしてあるのがほとんどだと思います。

でもこれには割れがない。

クリームポットから一歩アップの、
大きめホワイトデルフトはいかがでしょうか。



釉はげはありますが、にゅうもない。

指で弾くとキンといったデルフトならではの音がします。
デルフトは陶器ですが、2度焼きするので、
意外に胎土は締まっています。
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14315452.jpg



デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14315657.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14315451.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14315390.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14335561.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14335535.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14315321.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_14334789.jpg
左のミニチュアのクリームポット。

この小ささも貴重です。

デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_11143402.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_11143477.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_11143411.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_11143433.jpg
デルフト小鉢とミニチュア_e0111789_11143429.jpg

どちらも18世紀。






小鉢 直径12cm 高さ4cm   (Sold)
ミニチュア 直径3.3cm 高さ2cm (Sold) ありがとうございました。  










# by muntkidy | 2019-12-19 12:00 | Comments(0)
2019年 12月 18日
スマトラの古布


突然ですが、今度の土曜日21日は臨時休業とさせていただきます。
親類に不幸がありまして、お葬式です。



本日はこちら。

アンタイディー はいろんな国のものを扱っていて、
布ものも好きなものの一種。

テキスタイルアートとしてのアジア、アフリカの染織も
色調、柄など、気に入るものがあれば、買ってきます。

ただ、あまりにエスニック色の強い柄が細かすぎるものより、
シンプルめな方を選ぶ。
いろんな他のものと合わせやすいという点からです。

インドネシアは素晴らしい逸品が満載の国、
でも、かなりデコラティブなものが多いので、
高価なせいもあり、あまり買えないのだけど、
スマトラ島のものはよく探しています。

そんな中、古手を見つけました。

天然染料モノの19世紀末ぐらいだと思う。
綿の糸が少し弱くなっています。

ランプン州のもの。

柄も適度にシンプルでありながら、
刺繍柄の面白さもあります。

渋い色合い。

スマトラの古布_e0111789_10170392.jpg



ポイントはやはりここの刺繍の柄かな。
シンプルめな中に、これがあるので、面白い作になっていると思う。
スマトラの古布_e0111789_10310029.jpg

スマトラの古布_e0111789_10165926.jpg
スマトラの古布_e0111789_10305959.jpg


ミラーワークはインドだけでなく、
スマトラのものにもありです。



スマトラの古布_e0111789_10170327.jpg
スマトラの古布_e0111789_10165966.jpg

スマトラの古布_e0111789_10170137.jpg
スマトラの古布_e0111789_10170468.jpg


地味めなオレンジが茶色の中で効いています。

ミラーが取れているところも多い。
スマトラの古布_e0111789_10165464.jpg


端も細かい刺繍。
スマトラの古布_e0111789_10310022.jpg

薄くなっているところもあり、
裏を見ると、最初の色合いがわかる。
スマトラの古布_e0111789_10165790.jpg
スマトラの古布_e0111789_10165817.jpg





108cm x 106cm (Sold) ありがとうございました。










# by muntkidy | 2019-12-18 12:00 | Comments(0)