2007年 02月 07日
オイルランプ
e0111789_13412588.jpgタイ、アユタヤ朝のオイルランプです。
川底に沈んだり、埋まっているものを
潜って探りあてる人々の元から、
都市の骨董屋に並ぶようになる品です。

底に向かってすぼまって行く
不安定な形が、
活け映えのする花器として、
花をいける人々には、魅力のある、
受けのいい品だと思われますが、
日本のある骨董屋で、
10万もの値段がついていたのには、
驚いたことがあります。
(ここでは、その1/4のプライス。)
 
最近、あまり見かけなくなってきてて、
久しぶりに手に入れました。

いつも見かけるサイズより、
小振りで、キリリとしている。
小粒でキレ上がった感じです。

# by muntkidy | 2007-02-07 13:41 | Comments(0)
2007年 02月 06日
動物の置物
e0111789_12513516.jpg

右は木彫、左はテラコッタ。
こんなおふざけの動物たちも、見つけるのが困難になっています。
この2匹もすぐ引き取られて行ってしまい、
手にとったりできなくて、ちょっぴり残念。
いえ、いえ、お客さま、ありがとうございまする。大事に愛でて下さることと思います。

キャハ、かわいいねぇ。
左は水牛で、昔の東南アジアでは大事な働き手であり、
大切な家族みたいな存在だったと思います。
転じてお守りみたいに作られたのでしょう。
右はいったい、犬なのか、何なのか。わからぬ素朴さがなんとも言えません。

# by muntkidy | 2007-02-06 12:52 | Comments(2)
2007年 02月 04日
またもや手
昨夜、友達の家にごはんを食べに行くと、仕入に行ってる間に1. 2才ふけたようだと言われた。
ゲ、ゲッ、ショック!! まだ疲れているんだよとなぐさめてくれたものの、
目の下がちょっとな〜と自分でも思っていたので、ガックリきたのでありました。
お酒もあまり美味しく感じず、早々と帰宅することに。出されたお酒はなんでもいただく
このワタシとしたことが、どこか身体の具合が悪いのかと心配しております。

こういう時のために眼鏡が登場するのですが、買ったばかりの眼鏡が
チェンマイのホテルでまたもやこわれ、(眉間のところの鼻あてがポロッと落ちた)
カモフラージュすることができません。トホホ。
手は、充分に年相応、かつでかいナリをしているのに、顔はちょいとは若く見られることに、
ニヤツイていたのですが、、、これからは年相応ということですか、の?   チッ!

ということで、またもや手。いつも手と足をさがしていますが、今回は手のみ、2品です。
e0111789_12395984.jpg

左はカンボジア、クメール朝のヒンズー寺院ヴィシュヌ神の石像の手。
サンドストーン製、12世紀の品です。
右はタイの仏陀の朽ちた手。こちらは100年程度の古さですか。

# by muntkidy | 2007-02-04 13:11 | Comments(0)
2007年 02月 03日
これはキリか
e0111789_13363920.jpg昨日の品がピンだとすると、
これはキリなのかしら?

クックックッ!
ただの使い古しのプラスチックバッグ。

昔よく、お米とかを入れてた袋に
使われていたシート、ありますよね。
そのプラスチックシートを使って縫った
手作りのバッグです。

よくぞ、こうも味のある姿に
変身したものです。感動いたしました。

元々白であった部分の汚れ方、
取っ手のブルーと裏のオレンジの色の
取り合わせ、破れた部分のパッチ、
絶妙にふるっています。

キリでは決してない、
ピンの品だと自慢したい品。

さて、今回の旅の出来事をひとつ。
東南アジアは今観光のハイシーズン。バンコク/ヤンゴン間はかなり込み合っています。
この間のチケットはいつもバンコクの代理店で買うのですが、
予約がとれてると思っていたら、とれてなかったのですよ。
珍しく、タイ航空がオーバーブッキングをしていて、
どうしてもとれない。それで、空港のスタンドバイで最終の望みにかけたのだけど、
結局ダメ。その後のミャンマー航空の便もダメ。
翌日の便ということになり、バンコク市内に戻るのも、お金は使い果たしてるし、
キャッシングして、バーツを手に入れるのもいや。
空港そばのホテルも高いしと思い、空港で待機することに決断。
あ〜あ、こんな年になって〜と暗くなりながら、
冷房のききすぎたロビーのベンチで寒さに震え、寝たのでした。ちゃんちゃん。
これで疲れが倍増したのかもしれませんな。

# by muntkidy | 2007-02-03 13:38 | Comments(2)
2007年 02月 02日
ただいま



今朝、ミャンマーのヤンゴンから帰ってまいりました。
ハァ〜 疲れました。年々疲れ度が高くなるような気がする。

今回の旅、いつもより買えなかった感がありますが、
ピンのものは見つけています。これです。↓
e0111789_13144549.jpg
e0111789_13151268.jpg
e0111789_13152872.jpg


トンパ文字って説明され、確か、中国の少数民族の絵文字みたいなもので、
浅葉克巳が凝ってた文字だよなと頭によぎる。

かなりのお値段で、1日悩む。
ビタ1文もまからない、ようす。

でも、まず見たことがない、オリジナルにはまちがいなく、
中のページのかわいさ、紙の質、味に抗しがたく
結局、こうやって持ち帰ってまいりましたとさ。

ネットで調べると、トンパ(東巴)文字とは、雲南省ナシ族に伝わる、唯一の象形文字。
詳しくはこちら

# by muntkidy | 2007-02-02 13:16 | Comments(5)