2007年 05月 13日
お茶の時間
e0111789_13452996.jpg

今日はコーディネートした写真を。
チェックの藍(和物なので、格子と言ったほうがよいか)に、
北欧っぽいトレー(楕円はちょい珍)、
今日、手に入れた白磁の急須(そう古くはないと思うけど、実にかわいい綺麗な形)と、
現代ものの白磁カップ(永井敬二デザイン/波佐見製)を合わせてみました。

ひとりもののお茶の時間です。

これに、湯冷まし用のうつわとして、蒸発皿(片口になっている白磁の実験用具)をもってくると、
ちょうどアンタイディーっぽい、玉露を楽しむシーンと、合いなります です、てかっ?

# by muntkidy | 2007-05-13 14:04 | Comments(0)
2007年 05月 12日
e0111789_1335745.jpge0111789_1342184.jpg

中国もの?と思いきや、イギリスものです。この形、以前も紹介したことありますよね。
やっぱり中国の磁器を模して焼いたのでしょうか。
肩からの流れ、腰のくびれ、洗練されたラインなんだけど、
横太のため、へちゃげた感があって、かわいさもある。

柄がなくて、よかったよ。
白釉の柔らかい肌。貫入へのしみ方もちょうどよく、優雅でございます。

# by muntkidy | 2007-05-12 13:27 | Comments(0)
2007年 05月 11日
また、
また、何やらわからないもの。抽象画として、眺めましょう。
e0111789_14342940.jpg


e0111789_14344418.jpg

# by muntkidy | 2007-05-11 14:25 | Comments(4)
2007年 05月 10日
種あかし
昨日のブツは、花器にも見えて、(もちろん見立てることもできるけど)
でも、チューブなんですよ。チューブというと tube。
ロンドンの地下鉄の愛称ですが、その命名の由来は、そのトンネルが丸いチューブ/
管の形で彫られたことからきています。

そして、そのブツは、その命名の由来のまんま。そうです。地下を通る管でよろしい。
これが種あかし。。 土でできているので、土管です。

ただの円筒状でないところがおもしろいところ。珍しい形状で、高さ40〜43cmある。
九州は熊本から出てきたそうです。

さて、今日は。これもチューブになっています。(実は、われたガラスボトルの首を逆に置いたもの)
これも、工夫すれば、花いけに使えるのでは??

e0111789_13531961.jpg


# by muntkidy | 2007-05-10 13:58 | Comments(0)
2007年 05月 09日
何?コレ
e0111789_148095.jpgさてさて、

いったいなんなのか。

What is this?

深海の生物?

はたまた、宇宙人?

と、題した、誰かの作品?

中国の傭?

いえいえ、一応

用途があったものということで。

答えは明日。

# by muntkidy | 2007-05-09 14:19 | Comments(0)